大木戸薬師堂 天台宗別所福正寺末で本尊は薬師如来坐像を安置する。当薬師寺は室町時代に地域の墓地として開設され、その後福正寺の末寺として、この地に一宇の御堂を祀り、開山したとつたえられている。なお、本尊薬師寺如来坐像は江戸時代初期の造立である。