百観音堂福寿庵といい、元禄14年(1701年)下宝来村の在俗出家した十誉是心という人が建立しました。堂内に木造、銅造の百体の観音様が祀られており、ここに参拝すれば西国、板東、秩父の百ヶ所の観音霊場を回ったのと同様の功徳が得られると言われています。