台地の上の畑わきに高野家がお守りしている淡島神社が南の低地を見下すように祀られています。樹木におおわれ昼間なお暗いちいさな社ですが「子宝の神」として信仰が厚く多くの人形が奉納されています。