慶長年間(1596〜1614)に福田又左衛門が豊臣秀吉死後、北野貝戸に土着した折りに大坂より背負ってきたものを祀ったと語り継がれています。