リ・ユース
やめよう、使い捨て・環境を考えるPTAサークル
お母さん達のこんな声を受けて活動は始まりました。
 
指扇小学校PTAサークル「り・ユース」では子どもたちの環境を守る一つの方法として”学用品の再利用”をしています。☆使えるものは最後まで使い切る!! ☆ごみ(特にプラスチック)の減量化!!が、このサークルのモットー。そのための場や情報を提供しています。

 
☆平成10年から始まった「り・ユース」、活動をご紹介します。
このような物をり・ユースしています。
体育着・給食着・水着・カッパ・傘・長ぐつ・辞書・上履き・鍵盤ハーモニカ・リコーダー・算数セットなどの学用品
回収方法
り・ユースBOX
いつでも提供していただけるよう”り・ユースBOX”を設置しています。
卒業していく6年生をはじめ、年々皆さんから提供していただく品数もふえて、活動が充実してきています。
「参観日は、り・ユースの日!!を合い言葉に回収を呼びかけています。
提供方法
算数セットと引き出しトレーのリユース
新入学児保護者説明会(2月)において、算数セットと引き出しトレーのリユース品を提供しています。お下がりにもかかわらず、昨年度は算数セット・引き出しトレー共に新入生の3分の1に利用されました。

*今年度の新入生から本校では、さいたま市環境部と連携して、牛乳パックをリサイクルして作った引き出しトレーが支給されることになりました。それに伴い、プラスチックの引き出しトレーのリユース品提供は終了します。今までのご協力ありがとうございました。
鍵盤ハーモニカと水着のリユース
1学期最初の授業参観日には、新1年生向けに鍵盤ハーモニカと水着のリユース品を提供しています。学校のご協力により、鍵盤ハーモニカのホースのみの販売もしていただけるようになり、リユースがしやすくなりました。
好評です!!年に1度の”り・ユースの会”
運動会の昼休み時間に皆さんから提供していただいた体育着や給食着などのリユース品を全部展示し、希望者に無料で差し上げています。
昨年度は142品のうち127品が新しい持ち主の手に渡されました。